探偵の視野 探偵調査の現場では、まず『張り込み』という作業があります。

 あえて作業と表現するのは、現場では探偵もひとりの職人として、その技が試されるからである。かといって、その技が評価される機会は少ない。調査報告書という商品が依頼人に評価されるのみ。

 ただ単に見張るだけでなく監視及び一瞬の撮影、その後の尾行調査に連携する一連の職人芸が必要となる。目に見える視界はもちろん、五感を研ぎ澄まし、自分自身をも常に客観視しながら、マルタイ(調査対象者)や周辺の住民からも不審に思われないか常に注力をそそぐ。

 知識や考え方の幅を意味する「視野」も当然広げていく必要がある。ある時はトップセールスマンのごとく、卓越したセールストークやプレゼンテーション能力を披露し、またある時は会社や上司の愚痴をこぼすサラリーマンの視点も持ち合わせる。

 また、あらゆる生態系も意識しなくてはならない。生命体やそれを取り巻く環境。
探偵は常に見えない部分、視野角の外へ意識を向ける思考回路を持たなくてはならないのです。

tantei-sendai_300
仙台の探偵に相談するならガルエージェンシー仙台第一